カルチャーCULTURE

カルチャー - CULTURE カルチャー - CULTURE

挑戦する人を応援するSkyfallでは、6つのカルチャーを大切にしています。
常識にとらわれない柔軟な社風と、全てのメンバーがフラットに話し合える風通しの良さも自慢です。

  • チャレンジを称賛する風土
    01.

    チャレンジを称賛する風土

    Give it a try

    私たちはステークホルダーにさらなる価値提供ができるよう、日々新しいチャレンジを繰り返します。Skyfallが創造した新しい市場は、社会の変化に柔軟に対応し成長し続けることで大きくなると考えており、そのための投資やリスクは厭いません。
    また、挑戦している人を称えられるよう、MVP制度を設けております。

  • オーナーシップ
    02.

    オーナーシップ

    Ownership

    メンバー全員が当事者意識を持って行動することは、会社全体の生産性が高まり、
    よりよい成果に繋がります。
    Skyfallでは全員がオーナーシップの意識を持ち、
    ステークホルダーへの本質的な価値提供に向けてパフォーマンスを最大化させています。

  • 常識に囚われない
    03.

    常識に囚われない

    Out of the box

    新しい市場の創造には、現在の常識を疑うことが不可欠です。
    意思決定の際は前例に囚われず、合理的な判断を持って採用します。

  • 成果主義
    04.

    成果主義

    Results based

    私たちは結果にこだわります。
    僅かな可能性も見逃さないように、日々社内外でコミュニケーションをとり、
    情報の連携を行います。

  • スピード重視
    05.

    スピード重視

    Focused on speed

    「やってみないと分からないことは、まずやってみる」という考え方を大切にしています。その上で、事業全体のスピード、社員一人一人のスピードを落とさないように、チャットコミュニケーションの円滑化や、経営陣とメンバーがワンフロアで仕事をして距離を近めるなど、いつでもコミュニケーションをとれる環境を整備しています。
    経営陣の固定概念による機会損失を起こさないようにするためにも、社内全員が日々お互いの状況を把握できるように努めています。

  • 短期的視点と長期的視点のバランス
    06.

    短期的視点と長期的視点のバランス

    Critical thinking

    ステークホルダーへの価値提供の中では、目の前の成果に対する評価だけでなく、長い目で見ても良かったと感じていただくことで、信頼関係を築くことが出来ると私たちは考えています。
    短期的な視点とロングCPEリワードのような長期的な視点、この双方を大事にした事業を展開していこうと考えています。