loading

CPE型アドネットワーク事業

Skyfallが提供するCPE型アドネットワーク事業とは

Skyfallは、アプリデベロッパー様のマーケティング目標に最も寄り添ったロングCPE課金モデルを採用した、独自のアドネットワーク媒体「SKY FLAG」を提供しています。

ユーザーの行動の流れ

アプリデベロッパー様のマーケティングには「売上」や「ユーザーの定着、利用率向上」といった目標が設定されていることが多く、そのゴールに至るまでにユーザーは上記のような流れをたどります。

多くのメディアの課金地点

通常のメディアでは、CPM、CPC、CPI課金であることが多く、アプリデベロッパー様の目標とは遠い地点で広告費が発生することが課題でした。

また従来のCPE広告配信ではチュートリアル突破等の浅いイベント地点を成果としていますが、「SKY FLAG」が提供するロングCPE広告配信は深いイベント地点へのユーザー送客が可能なため、スマートフォンアプリへの理解を促進し、結果的に良質なユーザーのみを獲得する手法を確立しております。

SKY FLAGの課金地点

「SKY FLAG」が行うロングCPE型広告は、従来のCPC型・CPI型のモデルと大きく異なります。
CPC型・CPI型は「クリック」や「インストール」を目標として配信されていますが、ロングCPE型広告は「ユーザーの定着」を目標として広告配信を行います。
インストールしたユーザーが事前に定めたアプリ内における深い成果地点に到達した際にのみ、広告費用が発生するモデルです。その為、広告費用対効果の最大化が期待できます。

アドフラウド対策について

また昨今アドフラウド(広告詐欺)の問題はインターネット広告業界において最も驚異となっています。
CHEQの報告(※1)によるとアドフラウドの被害金額は日本において680億円に上ると予想されています。この数値はインターネット広告業界の金額規模の内4-10%程度と推計され、被害金額もさることながら、その不正広告による収益は反社会的勢力にとって二番目に大きな収益源ともいわれています。

「SKY FLAG」では、様々な管理項目にてアドフラウドの抑制、成果偽造を判別しており、広告主様に対して不要な広告費の支払いをさせません。
これら様々な特徴を持つ「SKY FLAG」は、アプリデベロッパー様にとって最もマーケティング目標を達成しやすい広告媒体となります。


※1 CHEQ発表資料