この会社だったら納得しながら仕事ができそう

未経験の業界へ飛び込んだきっかけ、そしてSkyfallを選んだ理由を教えてください。

荷方:元々私は、広告業界に行こうと思っていたわけではなかったのですが、当社のプロダクトであるSKYFLAGの「広告業界の不正に立ち向かう姿勢」に何か燃えるというか、面白い立ち位置だなと思ったことがきっかけです。SKYFLAGの直接ユーザーが利用するプロダクトであることに興味を持ち、入社しました。

高瀬:私も広告業界に絞っていたわけではなく、ざっくりとIT業界を見ていました。その中で、アドフラウドや不正に立ち向かい、根本から変えたいといった当社のメッセージを目にしたことがきっかけになりました。転職活動の軸として「納得できる仕事がしたい」という思いがあったので、本質的な価値を提供したいという姿勢に共感し、この会社だったら納得しながら仕事ができそうだと思ったことが入社の理由ですね。

荷方:私も高瀬さんとシンクロする部分がありますね。転職活動の時から、ユーザーにもクライアントにも何か誠実な仕事ができる環境で働きたいという思いがありました。プロダクトの姿勢や、幅広いステークホルダーに対して誠実な仕事ができるかもしれないなと思い、入社を決めました。

自分の意見を反映できやすい環境

ベンチャー企業へ入社することに心配や不安はありましたか?

高瀬:大きな企業よりも、社員数が少ない会社や若いフェーズの会社の方が、「自分がこうしたい」「こうした方がいいんじゃないか」という意見が通りやすいように思っています。私にとってはその点が魅力的に映ったので、あまり心配や不安はなかったですね。

荷方:私も、自分の意見を反映しやすい環境に感じていたので、結構ポジティブに捉えていましたね。また、今までそれなりの規模の組織で働いてきたなかで、徐々に仕事が分業されてしまうところがちょっと歯がゆいなって思うときもあったんです。
規模が小さいチームの方が自分の手をもっと広げて、隣の人の領域に少し入れたり。そういう可能性が無限にあるということは感じますね。

この先こんなチャンスは絶対ない

Skyfallでの業務内容について教えてください。

高瀬:メインとしては経営企画を担当しています。会社としての規模が大きくなっている中で、今の規模にふさわしい会社の制度構築や、予実管理の仕組から整えていくことが私の業務です。他にも社内イベントや、新卒採用、ゲーム事業の広報など、幅広く業務を掛け持ちしています。

入社前から現在の業務を希望されていたのですか?

高瀬:実は、転職活動時に見ていた求人内容は、別のポジションだったのですが、オファーしていただいたのが現在のポジションでした。全くの未経験だったのにも関わらずオファーいただいて、驚きもありましたが、なかなか面白いなと感じました。この先こんなチャンスは絶対にないだろうなと思い、やってみようという流れでしたね。

ではどのように未経験の業界について学ばれたのですか?

高瀬:分からないことは都度ネットで検索したり、入社時には業界経験のあるメンバーからの社内研修があったので、レクチャーを通して学びました。ほかにも、社内の会議にたくさん参加したり、メンバー一人ずつと面談させていただいたり、実際の商談に同席させてもらったりと、SKYFLAGにおける理解を深めていきました。社内のメンバーは、何かお願いしても快く時間を割いてくださるので、質問しやすい環境は整っていますね。

荷方さんの業務内容について教えてください。

荷方:SKYFLAGは広告を配信するプロダクトなので、ユーザーに広告を配信する画面や、広告自体を管理する画面等のデザインを担当しています。デザインの業務自体は初めてだったので、現在も勉強しながら進めています。

お二人とも前職と業界自体も全然違いますよね。

荷方:この業界は初めてだったので、最初は本当にWeb広告のことがわからなかったです。自分でも検索して調べたり、全容をつかみたいと思って比較的最近出版されている本を選んで勉強しています。ただ、Web広告業界を知れば知るほど業界自体が面白いなと日々感じています。これまでは人間が働かないと価値が生まれない業界でしか働いたことがなかったのですが、広告業界は広告という情報自体が仕事をしてくれる側面があるなと思っています。もちろん、基本的には人と人で仕事をしているのですが、そこの視点の変化が私にとっては新鮮でした。

「やってみよう」というチャレンジから仕組みについて考える、それ自体が面白い

業務の中で、一番好きなものや面白いと感じることは何ですか?

高瀬:会社のルールや制度を0から構築していく仕事は楽しいです。新卒採用に関してもそうですね。決まった採用方法や戦略がない中で、自分たちで考えていく工程が面白いなと思います。私の業務上、個人に課された数字を追うというよりは、会社全体に関わる業務が多く、その全体を見ながら進めるというスタンスが楽しいですね。何が会社や社員のためになるんだろう、と考えながら業務を進めることがとても楽しいです。

荷方:私もデザインの体制など、これまで会社として取り組めていなかったことにも「やってみよう」と言って、そのための仕組みから考えています。仕組みから考えること自体が面白いというところもありますし、自分でこういうデザインにしたいと思って、開発を担当しているエンジニアさんと協議をするのも楽しいです。

何よりも人生を楽しくしたいと思っている人 新しいことを楽しめるって結構大事かもしれない

今後どのような人に入社してほしいですか?

高瀬:仕事に対して真剣に取り組みたい、本気でやりたい、と思っている人です。そのような方は、入社した後もどんどん成長できると思いますし、すべてのことを楽しく感じられると思うので、そういう方に入ってきてほしいと思います。

荷方:優秀だとかスキルレベルが高いとか、というよりも人生を楽しくしたいと思っている人が良いと思いますね。もちろん仕事も人生の中の大きな要素ではありますが、それ以外のことも含めて自分で人生を楽しくしていきたいと思っている方は、当社のカルチャーにも合うのではないかと思いますね。楽しい人生を送りたいな…くらいのぼんやりとした気持ちでも構いません。ロールモデルになる人は社内にたくさんいますね。

高瀬:そうですね。明確にこれがやりたいとか、ここに到達したいと考えられる人は一握りかなと思っていて。抽象的でも良いので、強い意志のある人が良いと思います。
私はとにかく人生を楽しみたいというのがテーマで、自分の中で仕事を楽しむことがそこに直結しています。新しい業務に携わる機会が増えていく中で、「あ、これ楽しいな」と思いながら取り組み、その中で具体的な目標が出来ていく、そんな感じですね。

荷方:新しいことを楽しめるって、結構大事なポイントかもしれないですね。定型業務で決まっている方が快適な人だとか、色々なタイプがいるとは思いますが、あまり決まっていない環境や業務を楽しめる方が特に向いている気がします。

今後チャレンジしたいことを教えてください。

高瀬:チャレンジというと、日々新しい業務が多いので常にチャレンジし続けているのですが、現在では、新卒採用チームに参画したり、SKYFLAGのサイトリニューアルなど対外的に会社をアピールする業務をしているので、会社をどのように見せていくか、戦略的に考えて動く力を強化していきたいなと思っています。

荷方:私の場合は、ユーザーがどのようにプロダクトを利用しているのか、もっとプロダクト作りに取り入れられることがあると思っています。今後はそのような体制を整えて、ユーザーに対してもその管理画面を使用するビジネスの方に対しても、より使いやすいプロダクトを作っていくことが、今後私がチャレンジしていきたいことです。